You are here
ついついやってしまいがち!?機械式時計を故障させる意外な配慮

ついついやってしまいがち!?機械式時計を故障させる意外な配慮

機械式時計の手入れは正しく把握しておこう!

機械式時計は大変デリケートな機械です。そのため、様々な細かい手入れがあることはよく知られています。しかし、そういった手入れについて正しい知識を持っておかなければ、どれだけ細やかな配慮を示したとしても裏目に出てしまい、結果機械式時計を故障させてしまうということにもなりかねません。末永く機械式時計を綺麗に使い続けるためにも、具体的にどのような配慮によって機械式時計は故障をきたしてしまうのかを把握しておきましょう。


購入直後から必要に大事にし過ぎるのはNG

新品の機械式時計を大事にしたいという気持ちは、誰もが持つものです。しかし、そうした気持ちが逆に機械式時計を毀損させてしまう原因になります。例えば、長期間にわたって機械式時計をしまいこんで使用しないと、機械式時計の故障を早めてしまいます。機械式時計の内部部品に塗布された潤滑油は、使用することで全体に行き渡ります。使用しないとこれが固化して動かなくなってしまいます。また、ステンレス製の場合は十分な外気に触れるようにしておかなければ、持ち前の防錆性を発揮することができずに錆びが付いてしまうことも考えられます。


機械式時計は腕に装着してこそ大事にできる

機械式時計を汚してしまう要因は、腕の汗と排気ガスなどを含んだ外気です。そのため極力腕に装着せずに、バッグなどに入れて持ち運ぶ人も少なからずいます。しかし、上述のように機械式時計が十分の外気に触れない状況を作ってしまうと、それがもとで錆びが発生してしまうこともあります。また、バッグの中に一緒に携帯電話などを入れていると、磁気を帯びて故障させてしまうことにもなりかねません。汗や外気による汚れは柔らかい布で拭けば簡単に落とせるため、やはり機械式時計は腕にはめておくようにしておきたい所ですよね。



グランドセイコーは、製品の種類によって、オーダーメードとなることがあり、購入のタイミングを計るうえで、定評のある時計店のスタッフに相談をすることが有効です。

Related posts