You are here
メンテは一定間隔で行いましょう!機械式時計の扱いについてのポイント

メンテは一定間隔で行いましょう!機械式時計の扱いについてのポイント

機械式時計を継続使用するためのポイント

機械式時計についてはいわゆるゼンマイを介して動きを見せます。電池式より旧式のメソッドが使われていますが、高い価格の時計として、大勢の人から支持されています。機械式時計は非常に長く持つ商品として高い評価を得ていますが、限りなく落ちない性能をキープするには、対処がかかせないといえます。とりわけ内側のメンテナンスは、とても必要な作業です。ここのところをしっかりときれいにしたり、支障を修復すれば、長く使い続けられます。


プロフェショナルな職人にメンテをお願いしましょう

メンテナンスを実行するには、広い範囲の知識を持つ職人を持つ専門会社へお願いするのが原理原則です。機械式時計のメンテナンスという形で、活用されるフレーズがオーバーホールです。オーバーホールは時計の表を手入れや修復をするというより、中を開いて、手入れをしたり、調節を実行するなどの必要な作業について通じるフレーズです。機械式時計の内部メカニズムはとても難しいですので、初心者の手でもって解体するのは控えるべきです。


オーバーホールの期間について

オーバーホールにおいては、内側のホコリであったりサビといった汚れをクリーンにしてくれます。支障のあるパーツがあれば、チェンジしたり、修復するなどの必要な作業が行われます。それから、以前の通りに構築しなおして、依頼者へ返します。オーバーホールの活用については、3年程度の間をあけて、お願いするのが最良であるとのことです。新品なら、5年後からお願いしてもよいでしょう。職人に頼めば、理想的な仕上がりが見込めます。



パテックフィリップは、スイスの高級時計メーカーです。1839年の創業以来、高い品質と精緻な仕上がりで、著名人や王室をはじめとする多くの人々を魅了し続けています。

Related posts